【人気商品はコレ!】幹細胞化粧品おすすめランキング
【顔のたるみは改善する?】幹細胞化粧品体験レポート
植物由来の幹細胞化粧品おすすめランキング HOME » 深くなる前に!顔のしわ・たるみの原因をチェック

深くなる前に!顔のしわ・たるみの原因をチェック

気になる顔のたるみの原因とは?しわやたるみが深くなる前に原因をチェックしましょう。

顔のたるみ・シワ(しわ)が深くなる前にしっかりした対策を

加齢、乾燥、紫外線、生活習慣などさまざまな原因で、フェイスラインがたるんだり、シワができやすくなります。

シワ・たるみにもさまざまな種類があります。

こちらのカテゴリーでは、それぞれのシワ・たるみの原因と対策法について解説していきます。

このカテゴリーでおもに取り上げているのは、「表情筋の衰えが原因によってできるシワ・たるみ」「乾燥や紫外線が原因となるシワ・たるみ」「生活習慣が原因となるシワ・たるみ」です。

それぞれのページで、なぜしわ・たるみの原因になるのかや、毎日実践できるケア方法などを解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

シワやたるみは。ある日突然深く刻まれるものではなく、最初に浅く細かいシワができ、それがやがて定着し、大きく深いしわとなるケースがほとんどです。

特に、たばこやお酒などの嗜好品、姿勢、睡眠の質などもお肌の状態を大きく左右します。

こちらのカテゴリーではシワのできにくい正しい生活習慣についても詳しく解説しています。

シワができてしまったとしても、「もう歳だから……」と諦めてはいけません!

シワが浅い段階で何らかのケアをすれば、シワを解消したり、進行を食い止めることは可能です。

シワ・たるみの原因と対策を学んで、いつまでも若々しい肌を目指しましょう。

表情筋と深層筋の衰え

表情筋とは

表情筋とは、目や口、鼻などを動かす筋肉のことで、人間の顔には30種類以上の筋肉があるといわれています。この筋肉があることで、笑ったり泣いたり、困った顔をしたり…と、様々な表情ができるのです。通常、身体の筋肉は、骨と骨をつないでいますが、顔の筋肉は骨と皮膚につながっているので、身体に比べて細やかな表情を作ることができます。

表情筋は日常生活で全体の30%しか使っていないので、意識して表情筋を使わないと、加齢とともに筋力が衰えてしまいます。表情筋が衰えてしまうと、顔のハリがなくなったりシワやたるみの原因にもなってしまいます。特に、たるみがひどくなると毛穴が余計に目立ってしまうので、若くても老け顔に見えてしまいます。

深層筋

深層筋は顔の骨についていて深い部分にある筋肉で、表情筋を支えているインナーマッスルのことです。深層筋はポンプのような役割を果たしており、血液を顔全体に送り届けるので、深層筋が鍛えられると顔の血色も良くなります。

表情筋や深層筋が衰えると…

表情筋が衰えてしまうと、表情の脂肪や皮膚が支えられなくなってしまい、深層筋が衰えると表情筋が支えられなくなるだけでなく、肌に栄養がいきわたらなくなるので、顔色が悪く見えます。

つまり、表情筋と深層筋の2つが衰えてしまうと、たるみやしわ、毛穴の開き、くすみなどの原因となるのです。

紫外線・乾燥

紫外線や乾燥は肌にとても悪影響をもたらすといわれており、特に紫外線は肌だけでなく、白内障などの目の病気にもつながっているといわれています。

紫外線の浴びすぎは、日焼け、しわ、シミ等の原因となるだけでなく、長年紫外線を浴び 続けていると、時には良性、悪性の腫瘍や白内障等を引き起こすことがあります。しかし、紫外線は悪い影響ばかりではなく、カルシウム代謝に重要な役割を果たすビタミンDを皮膚で合成する手助けもします。最適な紫外線量には個人差がありますが、正しい知識を持ち、紫外線の浴びすぎに注意しながら上手に紫外線とつきあっていくことが大切です。

出典:『紫外線環境保健マニュアル』環境省
https://www.env.go.jp/chemi/matsigaisen2015/full.pdf#search=%27%E7%B4%AB%E5%A4%96%E7%B7%9A+%E6%96%87%E7%8C%AE%27

紫外線の影響を少しでも防ぐために、日ごろからUVカット対策をするように心がけましょう。よく、「夏場の日差しが強いときだけ紫外線対策をする」というのを聞きますが、これはNGです。紫外線は、1年中降り注いでいるので、「雨だから」「冬だから」といって、何もせずにいると、肌にメラニンが蓄積され、将来的にシミやしわの原因にもなってしまいます。

また、乾燥対策も必須です。乾燥も、しわの原因に大きく関係しています。特に冬場は乾燥しやすいので、「これでもか!」というくらい保湿を心がけましょう。

食生活・生活習慣

美肌のために、食生活を見直すことも大切です。特に女性の場合、男性に比べて間食をする人が多く、肌荒れに悩まされている人も多くいます。高い化粧品やサプリメントを飲んでも、食生活が悪ければ、美肌にはなれません。間食が多いな…と、心当たりがある人は、今日から間食をやめてみましょう。

美肌のためには、皮膚組織を形成するタンパク質、肌の健康を維持するビタミンB群、抗酸化作用や免疫力向上の働きがあるビタミンCなどを積極的にとるように心がけましょう。

「結局どんな食事が良いのかわからない!」という人は、「和食中心の食生活」を心がけると、バランス良く栄養がとれるのでオススメです。

また、生活習慣も美肌には大切なことです。特に質の高い睡眠は成長ホルモンを作り、肌の修復をしてくれるので、ゴールデンタイムと呼ばれる22時~2時の間はしっかり睡眠をとるようにしましょう。

そのほかにも、たばこやお酒を控えること、適度な運動、姿勢を良くすることなどが美肌への近道といわれています。

リーズナブルなのにエイジング効果が期待できる幹細胞化粧品Best3はこちら

幹細胞化粧品おすすめBest3

No.1

JCウルティマセラミスト
(旧:プラズマ V セラミスト)

No.1 プラズマ V セラミスト

おすすめ度:星5つ

詳細はこちら

No.2

ピーチモモ
シャイニージェル

No.2 ピーチモモ シャイニージェル

おすすめ度:星4つ

詳細はこちら

No.3

アンプルール ラグジュ
アリー・デ・エイジ
リジュリューションα
プラス

No.3 アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ リジュリューションα プラス

おすすめ度:星4つ

詳細はこちら

顔のたるみの改善なるか?! ランキング1位の幹細胞コスメを使ってみた!

顔のたるみ度をセルフチェック

サイトマップ