【人気商品はコレ!】幹細胞化粧品おすすめランキング
【顔のたるみは改善する?】幹細胞化粧品体験レポート

紫外線・乾燥

顔のたるみやちりめんジワは老け顔の原因となります。これらたるみやちりめんジワの最大の原因は紫外線と乾燥です。

こちらのページでは、紫外線や乾燥によるたるみとちりめんジワとその対策について解説します。

紫外線から肌を守るには

紫外線は美肌の大敵と言われていますが、その中でもUVAは、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成する繊維芽細胞にダメージを与えると言われています。

この細胞が紫外線の攻撃を受けると、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の体内量が減少するばかりではなく、真皮層内でこれらの成分を分解する酵素が過剰分泌され、肌から弾力まで失われます。肌の弾力はヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンによって維持されているため、これらの成分が減少し、十分に機能しなくなれば、肌はたるんでしまいます。

紫外線から肌を守るためには、UV効果のある化粧品を使用する、日傘や帽子など紫外線対策用品を活用することをおすすめします。

乾燥によるたるみを防ぐには?

肌に一定の水分量が維持できていると、弾力のある状態を維持することができます。しかし、肌が乾燥すると、肌の新陳代謝が乱れ、古い角質が上手く排出できなくなります。このような状態になると、角質層のバリア機能も低下し、より肌が乾燥しやすくなり、紫外線によるダメージも受けやすくなります。そして、この状態で何もケアをしないと肌はたるんできます。

乾燥が原因で肌がたるんでしまった場合、化粧品を使用し外側からは保湿することが大切です。特にヒアルロン酸やコラーゲンなどを含む化粧品を使用すると良いでしょう。特に乾燥する季節は加湿器などで部屋を乾燥させないようにすることもおすすめします。

ちりめんじわの原因と対策

ちりめんジワは目の周りに発生する細かいシワで、乾燥が主な原因です。ちりめんジワは、皮膚のもっとも外側の浅い角層にできます。

20歳をピークに、肌の保湿力は徐々に低下しますが、表皮の角質のアミノ酸、角質細胞を繋ぐ細胞間脂質の減少により、肌が乾燥し、ちりめんジワとなります。

ちりめんジワを防ぐには、クレンジングや洗顔の際に、ごしごしこすらずに泡で包むように洗うことをおすすめします。

なお、ジェルなどを使用する場合、指で肌に刺激をしないようにやさしく滑らせるようにしましょう。

そして、保湿効果の高い化粧品でケアしましょう。角質細胞間脂質、天然保湿因子などが配合されている化粧品などをおすすめします。

リーズナブルなのにエイジング効果が期待できる幹細胞化粧品Best3はこちら