【人気商品はコレ!】幹細胞化粧品おすすめランキング
【顔のたるみは改善する?】幹細胞化粧品体験レポート

表情筋と深層筋の衰え

こちらのページでは、表情筋や深層筋が衰える原因とその対策について詳しく解説します。

なぜ表情筋や深層筋が衰えてしまうのか?

肌の弾力が低下すると、顔はたるみがちになります。肌の真皮層はコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンにより構成されており、これら3つの成分がバランスよく存在することで、肌の弾力が保たれます。特に肌が乾燥すると、肌の水分保持力が低下し、表情筋や深層筋が働きにくくなります。

また、紫外線も肌の弾力が低下する原因となっています。特に紫外線の中のUVAは真皮層に届くと、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸のもとになる「繊維芽細胞」にダメージを与えます。

線維芽細胞にダメージを受けると、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が十分に生産できなくなり、表情筋や深層筋も衰えてしまいます。

食生活や姿勢も表情筋や深層筋の衰えの原因となる

食生活が乱れてしまうと、線維芽細胞に栄養が十分に回らなくなり、表情筋や深層筋の衰えの原因となります。

表情筋と深層筋が衰えると、その上にある脂肪や皮膚を支えることが難しくなります。特に、深層筋が衰えると、表情筋を支えることが難しくなり、肌がたるんでしまいます。

また、猫背など、姿勢の悪いと、首の後ろ側が縮み、首の前部分が伸びるので、頬が下がってしまいます。

そのため、20代や30代の若い方で姿勢が悪いと、の若い人でもたるみやほうれい線が目立つようになります。

デスクワークなどをする方は、同じ姿勢を長時間続けないようにすることで、顔のたるみを防ぐことができます。

顔のたるみを解消するには?

複数の要因が複雑に絡まり合って顔がたるむケースがほとんどです。たるみを解消するには、バランスの良い食事、紫外線対策をする、質の高い睡眠、保湿、表情筋トレーニング、マッサージ、正しい姿勢を実践するようにしましょう。

これらはたるみだけではなく、美肌を維持するためにも有効です。顔のたるみを解消し美肌を維持するには、化粧品のケアに加えて、生活習慣の見直し、エクササイズなどで、重力と共に皮膚や筋肉が下がらないように努力することが大切です。

リーズナブルなのにエイジング効果が期待できる幹細胞化粧品Best3はこちら