【人気商品はコレ!】幹細胞化粧品おすすめランキング
【顔のたるみは改善する?】幹細胞化粧品体験レポート

動物由来(管理人のおすすめ度★★★☆☆)

こちらのページでは、動物由来の幹細胞化粧品について紹介します。

羊由来の幹細胞化粧品は人間の肌になじみやすい

動物由来の幹細胞化粧品は、ヒトの皮膚幹細胞に似た幼羊の毛根の幹細胞、羊のプラセンタ由来の幹細胞を配合した化粧品の2種類があります。

羊由来の成分は他の動物から抽出される成分より安全性が高く、栄養も豊富に含まれているため、幹細胞化粧品には羊由来のものを使用しています。

また、羊由来の成分は、ヒトの皮膚幹細胞に似た構造を持つため、人間の肌になじみやすくなっています。動物性プラセンタの場合、加熱処理により分解されたアミノ酸が、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の形成を促すため、肌に有効に作用します。

動物由来の幹細胞化粧品のデメリット

動物由来の成分を配合するため、ウイルスに感染した動物の幹細胞が配合されていないかどうか、動物の飼育環境は衛生的であるかどうか、加工方法が適切であるか、など安全性が懸念されます。

また、動物保護の観点から動物の乱獲が抑制されているため、動物由来の幹細胞化粧品は種類が少ないです。

また、動物由来の成分は人間の肌にはもともと備わっておらず、そのような成分を塗ることで、拒否反応を起こす人もいるかもしれません。

特に肌が弱い方やアレルギー体質の方は、原材料をしっかりチェックする必要があります。

動物由来のプラセンタは、ウイルスや細菌が混入しないよう、滅菌や殺菌などの加熱処理を十分に行っています。

しかし、ホルモンや成長因子などのサイトカイン、酵素などアミノ酸を結合させたタンパク質は高温加熱すると分解・変性します。そのため、有効成分が失われている可能性もあります。

動物由来のメリット

動物由来幹細胞が使われた化粧品を選ぶことのメリットは何なのでしょうか。ここからは、ヒト由来、植物由来の幹細胞と比較しながら、動物由来幹細胞のメリットについて紹介したいと思います。

植物由来幹細胞よりも効果が高い

動物由来幹細胞を使った化粧品は、最も効果が高いヒト由来幹細胞と比較すると劣りますが、植物由来幹細胞を使ったものよりも高い美肌効果が期待できるといわれています。

動物由来の幹細胞が、植物由来よりも効果が高いといわれる理由について見ていきましょう。

◯ヒトの幹細胞と構造が似ているため

幹細胞コスメの中でも、最も高い効果を持つのがヒト由来幹細胞ですが、動物由来幹細胞はヒト由来幹細胞と似た構造を持っています。

動物由来幹細胞には羊の細胞が使用されます。人間にとって動物である羊の方が植物よりも構造が近いというのは当然です。

医薬品や化粧品をテストする際も、動物であるマウスやラットでテストを行うことで、ヒトへの安全性を確かめることができます。細胞や体のつくりが似ている部分があるからこそ、動物実験によってヒトへの安全性を確かめられるのです。

幹細胞の作りがヒトの細胞と似ているため、お肌に馴染みやすく、幹細胞の効果が充分に発揮されやすいといえます。

◯植物はレセプターとリガンドを持たないため

動物由来とヒト由来の幹細胞が近い理由については、動物とヒトは体内に「レセプター」と「リガンド」という構造を持っているからです。

・レセプター

細胞の中に存在しているもので、「受容体」ともいわれます。体内の細胞に何らかの働きをさせるきっかけとなるのが、細胞の活動を指示するリガンドがレセプターと結合した時です。

・リガンド

細胞に活動を行わせるためのカギとなる情報伝達物質で、「成長因子」ともいわれます。細胞に存在するレセプターに働きかけることによって、細胞の働きを活性化させます。美容医療に「グロースファクター」というものがありますが、これは成長因子を利用した施術方法です。

レセプターとリガンドはこのような関係になっています。つまり、リガンドがないと細胞を活性化させることはできないということです。

レセプターとリガンドを持っているのは動物のみ。植物はこの物質を持っていないので、植物由来の幹細胞では、人間の細胞を活性化させる働きは弱くなってしまいます。

ヒト由来幹細胞よりも安価

植物由来幹細胞よりも効果が高い動物由来幹細胞ですが、それでもヒト由来幹細胞の方が高い効果が期待できます。

それならヒト由来幹細胞を使った方が良いような気がしますが、ヒト由来幹細胞を使用した化粧品は金額が高いという点がネックです。

そこで、ヒト由来幹細胞に近い効果を持ちながら、ヒト由来のものに比べると安価に購入できるというところが動物由来幹細胞化粧品のメリットとなります。

◯ヒト由来と動物由来の価格差は?

動物由来幹細胞のものは日本で購入することが難しいのですが、代表的な動物由来幹細胞コスメの価格を見てみましょう。

動物由来幹細胞 ハイコンセントレート・ステムセル 10g 4,800円
アメリステムセル ゴールドセラム 30ml 27,000円
ヒト由来幹細胞 オビアス ソフナー ブースター エッセンス 45ml 18,900円
Cellre;(セルリー) 10g 41,040円
植物由来幹細胞 プラズマ V セラミスト 80ml 16,200円
ピーチモモ シャイニージェル 30ml 12,700円

動物由来、ヒト由来、植物由来とそれぞれ比較してみました。比較してみると、動物由来とヒト由来は驚くほどの価格差はありませんでした。

もちろん、動物由来幹細胞のコスメでももっと高額になるものもありますし、ヒト由来でももっと高額なものも安価なものもあります。

ですが、傾向的にはヒト由来よりも少々安価なのが動物由来で、リーズナブルに購入できるのが植物由来という風になっています。

動物由来幹細胞は中庸

物由来幹細胞のメリットについて紹介してきましたが、動物由来幹細胞の特徴をまとめてみると、良くも悪くも中間の存在だといえるでしょう。

ヒト由来幹細胞ほど高い効果がある訳でもありませんし、安全性もヒト由来よりは劣っています。アレルギーの心配もありますね。料金面から見ても、ヒト由来とそれほど大きな差はありませんが、ヒト由来よりは少し安価です。

植物由来と比較してみても細胞の構造上、植物由来よりは美肌効果が高いと考えられますが、植物由来の方が安全性は高いです。そして料金面では植物由来幹細胞コスメの方が、圧倒的にリーズナブルです。

ヒト由来と植物由来の中間にあるのが動物由来です。メリットを挙げてはみましたが、日本では購入しにくいこともありますし、動物由来幹細胞のコスメを選ぶ理由はあまりないでしょう。

価格が高くても効果を重視したいという方はヒト由来が良いでしょうし、初めて幹細胞コスメを使う方やリーズナブルに始めたいという方は植物由来がおすすめです。

動物由来の幹細胞化粧品の例

  • アメリステムセル ゴールドセラム

羊由来の成分を独自に配合した美容液で、医学的にも継続使用で一定の効果が得られることが立証されています。

  • ステムセル・モイスチャライザー

保湿効果、アンチエイジング効果が期待できるクリームです。

  • ステムセル・コンサントレイト(濃縮液)

ニュージランドの羊のプラセンタ由来のステムセルの濃縮液です。これは、クリニックやエステサロンでも使用されているものです。

羊の毛根の特徴

動物由来の幹細胞化粧品には羊が多く使用されています。ヒト由来の幹細胞がもっとも効果が高いのに対し、安全面を考えて羊の毛根の幹細胞を使った化粧品もあります。

羊由来の成分は安全性はもちろん、動物由来の成分の中でも特に栄養価が高いことで知られています。洋服などに使われる羊毛には、実は意外な栄養成分が含まれています。

動物性繊維のなかで,最も大量に用いられているのは羊毛である。これはケラチンからできている。アミノ酸分析の技術が進歩した今日では,羊毛ケラチンの完全加水分解物中に,約20種類のα一アミノ酸が見出されている。

出典:「繊維と工業」近土隆
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fiber1968/2/2-3/2_2-3_116/_pdf

羊の毛はケラチンで構成されていますが、その中には約20種類ものアミノ酸が含まれていることが分かりました。分離採取が難しい部分もありますが、現在では組織を崩すことなく特定のアミノ酸を検出することが可能となっています。

羊毛を形成しているものはケラチンである,その完全加水分解物中には,18種類の型のアミノ酸が見出されている。羊毛ケラチンは存在場所によって,アミノ酸組成が著しく変動する。羊毛組織の各部分を,機械的に分離採取することは,技術的に困難であるために,各構造要素の正確なアミノ酸組成を求めることは,現段階では無理である。しかし特定のアミノ酸たとえばシスチンは組織を崩すことなく,顕微化学的に,これを検出することが可能である。

出典:「繊維と工業」近土隆
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fiber1968/2/2-3/2_2-3_116/_pdf

次に、羊の毛根は「表皮の変形」によって生じることが分かっています。完成後は脂腺・汗腺・立毛筋の3つの器官を持ち、3つずつの組(トリオ)を形成して発生することが多いとされています。

羊由来の成分は人間の皮膚幹細胞と構造が似ており、人間の皮膚への親和性が高いとされています。アミノ酸をはじめ、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生産を促すため、アンチエイジングに役立つとされています。

羊のプラセンタの特徴

羊の毛などから採られる幹細胞にはアミノ酸などの良質な栄養素が含まれていますが、同じく胎盤から抽出されるプラセンタも、アンチエイジングに欠かせない成長因子と呼ばれる成分を含有しています。

羊由来のプラセンタは、一般的に使われている動物由来のプラセンタよりも人間の肌になじみやすく、安全性も高いとされています。

その理由としては、羊の成獣は人間の平均的な体重に比較的近く、体内におけるアミノ酸組成も類似しているため、人間の胎盤と羊や鹿の胎盤は状態がとても似ています。

豚の場合は飼育中に病気予防のためにワクチンを接種しなければなりませんが、羊や鹿は元来免疫力が高いため、ワクチン接種の必要がありません。これらの理由から、人間にとってきわめて安全性が高いプラセンタが採取できるというわけです。

ヒトをはじめ、動物由来のプラセンタには成長因子と呼ばれる、細胞の代謝を促す成分が含まれています。羊の場合、豚に比べてワクチン接種の必要がないため安全性が高く、ヒトの胎盤よりも抽出がしやすいというメリットがあります。

肌の代謝をアップさせてアンチエイジングや美白に役立てることができ、メラニン色素の発生を抑制して、生来の美肌を目指すことも可能です。

また、プラセンタにはFGF(線維芽細胞増殖因子)と呼ばれる成分が含まれているため、肌の奥にあるコラーゲンの生成をうながします。この効果によって、年齢とともにたるんでしまった肌を内側から支え、ハリツヤのあるお肌をつくることができます。

リーズナブルなのにエイジング効果が期待できる幹細胞化粧品Best3はこちら

幹細胞化粧品おすすめBest3

No.1

プラズマ V セラミスト

No.1 プラズマ V セラミスト

おすすめ度:星5つ

詳細はこちら

No.2

ピーチモモ
シャイニージェル

No.2 ピーチモモ シャイニージェル

おすすめ度:星4つ

詳細はこちら

No.3

アンプルール ラグジュ
アリー・デ・エイジ
リジュリューションα
プラス

No.3 アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ リジュリューションα プラス

おすすめ度:星4つ

詳細はこちら

顔のたるみの改善なるか?! ランキング1位の幹細胞コスメを使ってみた!

顔のたるみ度をセルフチェック

サイトマップ