【人気商品はコレ!】幹細胞化粧品おすすめランキング
【顔のたるみは改善する?】幹細胞化粧品体験レポート

ヒト由来(管理人のおすすめ度★★★★☆)

美容外科では、肌再生のためにヒト由来の幹細胞培養液を注射するという治療を行ってきましたが、近年は、ヒト由来の幹細胞培養液を配合した化粧品も販売されています。

ではヒト由来の幹細胞とはどのようなものなのでしょうか?

ヒト由来の幹細胞の特長とは?

ヒト由来の幹細胞を培養したときにペプチドが生成されます。このペプチドとは、複数のアミノ酸の結合体で、幹細胞を活性化させる働きを持っています。

この幹細胞を補うことで、新しい細胞が次から次へと生み出されます。

近年はこの幹細胞の培養液が配合された化粧品が販売されており、このような化粧品を使用することで、肌の再生を促すことができます。

ヒト由来の幹細胞化粧品を使用するメリットとは?

幹細胞化粧品にはさまざまなタイプのものがありますが、ヒトの脂肪由来の幹細胞が最も効果があるとされています。つまり、人間の肌には同じ人間が持つ成分が合うのです。

ヒトの脂肪由来の幹細胞培養液には、細胞のレセプターとぴったり合う成長因子がたっぷりと含まれています。

そのため、この幹細胞培養液には組織再生効果が期待されており、化粧品などにも配合されています。

脂肪由来幹細胞を培養すると、他の細胞を培養しても得られないサイトカインというアンチエイジング成分が生成されます。

このような成分が配合された化粧品の使用でアンチエイジングや美肌効果が期待できるのです。ただし、ヒト由来の幹細胞化粧品は認可を受けたばかりであるため、種類は多くありません。

ヒト由来の幹細胞をそのまま配合できない理由

ヒトの幹細胞そのものを配合するわけではないことは前述のとおりですが、どうして幹細胞ではなく、培養液を使用するのでしょうか。

ヒトの幹細胞をそのまま化粧品に配合したものは安全性が確保されていません。

そのため、減菌作用を十分に行わなければならず、減菌作業には高温での加熱処理が必要で、これにより幹細胞に含まれるたんぱく質が破壊されやすくなります。

つまり、本来の機能を発揮できず、このような幹細胞を配合した化粧品を使用しても効果が期待できません。

一方、幹細胞培養液は細胞ではないため、加熱処理が不要でそのままの状態で本来の機能を発揮することができます。

そのため、幹細胞培養液を使用しているのです。

ヒト由来の幹細胞化粧品を使用するデメリットとは?

ヒト由来の幹細胞を配合した化粧品は、高い効果があると言われていますが、デメリットと言える部分はないのでしょうか?効果が高ければ高いほど、デメリットがあるのでは?と思ってしまう方もいると思います。

デメリット1:価格が高いこと

これはヒト由来幹細胞配合化粧品で、消費者が一番に感じるデメリットでしょう。幹細胞を配合した化粧品の中でも、ヒト由来幹細胞が入っているものが特に高くなります。

例えば、日本で作られたヒト由来幹細胞培養液を配合した美容液を例にしてみると、こちらは内容量が5g、さらにレフィルが5g分ついて、合計10gで税込み41,040円です。

通常の化粧品がトライアル商品として10g、20gのものを配っていることを考えると、価格が高いということは間違いありません。

ただし、それだけの少量であっても、十分効果を発揮してくれるのが幹細胞培養液配合化粧品なのでしょう。毎日、朝晩と使い続けるのはお財布に厳しいかもしれません。

同じ幹細胞培養エキスであっても、植物由来のものを使用している商品はもう少しお手頃になるので、気軽に使いたい方には植物由来の方が良いと思います。

デメリット2:ヒト由来幹細胞の実情がよくわからないこと

安全性が確保されていないということはお話ししましたが、それは安全性の研究を行う段階でも同じことが言えるようです。

元となるiPS細胞がどのように作製されたかなどは,企業秘密で明かされることもなく,分化誘導法も統一されておらず,分化後の培養条件も定かではない。さらに薬理実験方法や使用する薬物などにも違いがあるために,実験間での結果の比較が困難であり,本当に毒性試験や薬理試験に応用できるだけの細胞の特性を有しているのか,判断することができなかった。

出典:心血管系安全性薬理試験:日本の今後の方向性 関野 祐子  一般社団法人日本不整脈心電学会 2014
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jse/34/3/34_318/_pdf

これは「ヒト由来幹細胞の安全性」についての研究をした結果です。簡単に行ってしまえば、ヒト由来幹細胞の実情がよくわからないということですね。

ヒト由来幹細胞は化粧品だけに使われている訳ではありませんので、これはヒト由来幹細胞の化粧品に対してだけのことではないと思います。ですが、お値段以外で挙げられる唯一のデメリットとしては、これが一番大きなものではないでしょうか。

ヒト由来幹細胞の化粧品は危険なの?

存在そのものが不透明なヒト由来幹細胞ですが、化粧品の中に幹細胞が入っていないというのはお話しした通りなので安心です。

ですが、幹細胞そのものを化粧品の中に配合できないのは、加熱処理の事だけではありません。実は、例え加熱処理していたとしても、幹細胞が入っている化粧品は商品化することができないからです。

これは人体へのリスクを軽減するためで幹細胞は体に着床してしまうと、ガンになったり、アレルギーの原因になったりする可能性もあります。

ヒト由来幹細胞は、上の研究結果のように、まだ不透明な部分が残されています。だからこそ、より一層危険性がないように、細心の注意を払った商品が販売されているのです。

デメリット3:人間から採取するという倫理的問題

これは人によっても感じ方が変わると思いますし、デメリットと言えるかはわかりませんが、ヒト由来幹細胞はドナーである人間から採取されます。

1996年、世界で初めてクローン羊が誕生したとき、人間が生き物を作り出すのは倫理的に問題があると、一部から批判の声が上がりました。

それと同じで、ヒトから採取した細胞を増殖させて化粧品にするということに、倫理的な問題を感じる方もいます。細胞を人工的に作り出して、それを自分の細胞活性化のために使用するというのは、クローン羊と近い考え方ですよね。

ですが、化粧品を使うことによって細胞自体に変化を与えられるからこそ、今までにない高い効果を得られるということでもあります。デメリットとして挙げましたが、これはメリットとも言えることです。

プラセンタも同じ歴史をたどった

化粧品の有効成分として有名な成分であるプラセンタですが、これもヒト由来幹細胞と同じような歴史をたどったものです。

プラセンタの原料となるのは哺乳類の胎盤です。胎盤から抽出した成分を化粧品に使うということに、批判的だった人たちもいました。

現在では豚か馬の胎盤から抽出したプラセンタしか使用されていませんが、当時はヒトの胎盤から抽出したものもあったようです。そのため、なおさら倫理的な問題があると言われていたのかもしれません。

ですが、そんなプラセンタも今では、普通に化粧品の成分として何の抵抗もなく受け入れられています。肝臓や腎臓の機能を高める薬品として、医療の現場でも使用されているくらいに一般的なものとなりました。

ヒト由来幹細胞も、これから長い年月を経て、一般的な化粧品に使われる効果的な有効成分だと認識されていくのではないでしょうか。

ヒト由来幹細胞化粧品の有効成分

美容外科やスキンクリニックなどで使用されているヒト由来幹細胞化粧品。

主に肌の再生やアンチエイジングのために使われていますが、ヒト由来幹細胞化粧品に含まれる有効成分には具体的にどのような種類があるのでしょうか。

EGF

EGFとは「Epidermal Growth Factor」の略で、「上皮成長因子」「細胞再生因子」と呼ばれているタンパク質です。

上皮細胞を再生させる因子のことで、皮膚や骨、筋肉などといった人間の体を形成する細胞の成長および代謝をコントロールする機能を持ち、医療などにも応用されています。

上皮細胞を再生させる能力を持ちますが、肌の表層部から深層部まで、細胞の修復や成長をうながし、加齢や怪我などでダメージを受けた皮膚や粘膜を再生させる重要な機能を持っています。

具体的には、皮膚や粘膜の上皮組織に存在するタンパク質の受容体「EGFR」と結合して、機能を活性化し、上皮組織の修復を促進します。

EGFに期待できる効果

最近EGF配合の化粧品を目にする機会が増えていますが、そもそもEGFを使ったコスメは、どのような美肌効果が期待できるのでしょうか?化粧品に配合されているEGFは、「ヒトオリゴペプチド-1(RHオリゴペプチド-1)」と呼ばれています。化粧品にEGFを配合することで期待できる効果は、EGFが持つ上皮細胞の再生力。

古い角質が溜まりごわついてしまった肌や、老廃物がたまって吹き出物ができてしまった肌などのターンオーバーを促進し、肌トラブルを改善。健やかなお肌へと導きます。

また、EGFを用いた化粧水を使用すると、肌の細胞量が増えるというレポートも報告され[1]、皮膚の弾力やキメを取り戻したり、しわ改善などにも効果があることが科学的研究からもわかってきました。

肌の老化は、皮膚の細胞が小さくなったり、減少したりすることで引き起こされます。EGFが細胞量を増やしてくれるというのは、なんとも嬉しい効果と言えるのではないでしょうか。

[1]

出典: 『EGF配合化粧水のモニター試験による肌の状況評価』Fragrance journal 38(12), 71-74, 2010-12

FGF

FGFは「Fibroblast Growth Factor」の略で、「線維芽細胞増殖因子」と呼ばれているタンパク質です。

人体で生産されるタンパク質の一種で、シワや凹凸などが出来てしまった部分に注入すると、線維芽細胞と呼ばれる細胞を増殖させて、皮膚組織の再生をうながします。

EGFと一見似た働きを持っていますが、FGFには人間が本来持っている自然治癒能力(創傷治癒力)の力を使ってアンチエイジングを行う機能があります。

EGF同様に細胞の成長やダメージの修復などをうながしますが、FGFは直接線維芽細胞に働きかけるため、真皮層の修復を図ることができます。

EGFが肌の表面部分でアンチエイジングをうながす一方、FGFはさらに深いところでコラーゲンやエラスチンなどといった肌のハリツヤに関わる物質の生成をうながします。

FGFに期待できる効果

加齢に伴い線維芽細胞が衰えたお肌は、美肌を保つためのコラーゲンやエスラチンなどのタンパク質の量が少なくなってハリがなくなり、シワ・たるみなどに悩まされることとなります。FGFを化粧品に配合することで、線維芽細胞が活性化され、皮膚内部から肌のハリを取り戻す効果が期待されます。

中でもFGF-1と呼ばれる成分は、角質層に浸透し、FGF受容体と結びつくことで肌の線維芽細胞が活発に動くきっかけを与えます。それにより、深いシワやほうれい線、目元のくぼみ、にきび跡などの改善に貢献してくれるのです。

ちなみに、FGFにはいくつか種類があり、FGF-7と呼ばれる成分は、育毛や頭皮を健やかに保つヘアケア商品として活用されています。FGF-7により頭皮を健康にすると、顔の皮膚もリフトアップされる効果も期待できますので、併せて試してみてはいかがでしょうか。

塩基性線維芽細胞成長因子(basic fibroblast growth factor, bFGF)の生物活性には中胚葉系, 神経外胚葉系, 上皮細胞系の細胞分化·増殖および血管新生の促進などがあることがin vitroで明らかにされている。

出典: 『各種皮膚科潰瘍に対するKCB-1の臨床評価』西日本皮膚科,55(6),1993

PDGF

PDGFは「Platelet-derived growth factor」の略で、「血小板由来増殖因子」と呼ばれています。

血液の凝固で血小板が崩壊する際に放出される物質で、骨髄に存在する「巨核球」という血小板の元になる細胞から放出されているため、「血小板由来成長因子」と呼ばれるようになりました。

PDGFは血小板・マクロファージ・平滑筋細胞・内皮細胞・繊維芽細胞などさまざまな組織から分泌され、人体の組織がダメージを受けるたびに放出されて、細胞遊走と細胞増殖の2つの働きで組織を修復し、創傷の治癒をうながします。

PDGFは単独では細胞遊走作用のみとなりますが、EGFなどとの共存によって増殖作用が生まれます。

PDGFに期待できる効果

PDGFは、皮膚表面の細胞が損傷を受けた場合に、再生を促進させる作用を持ちます。また、同時にコラーゲン合成を促してくれることでも知られ、化粧品で用いられる場合には、シワの改善が期待されると言われています。

PDGFは加齢に伴い減少することがわかっており、化粧品会社の資生堂では、PDGFの発現を高める成分を発見。アンチエイジングコスメの開発に取り組んでいます。[2]

他にもPDGFが、発毛のスイッチとして体に作用することがアメリカエール大学のマウスを使った研究でも明らかになり、育毛剤などの成分としても注目を集めています。

「お肌の潤いが足りないな…」「コラーゲンをもっと効率的に増やしてシワやたるみを改善したい…」という方にとって、まさにPDGFは活用してみたい成分と言えるでしょう。

組織マトリックスの恒常性維持や,発生・創傷治癒における組織の再構築において重要な役割を担うTGF-β1,bFGF, EGF, PDGF-BBなどの成長因子は,HASの発現誘導を介し,皮膚線維芽細胞のヒアルロン酸合成を高めることが報告されている

出典: (PDF) '『HYBID(KIAA1199)が司る新規なヒアルロン酸分解機構ヒアルロン酸代謝研究の新展開』化学と生物 Vol. 55, No. 2, 2017[PDF]

[2]

出典: 資生堂報道発表資料『資生堂、真皮幹細胞による再生・修復力で肌の自己再生力を高める新・抗老化スキンケア技術の開発に成功』,2012,4

TGF-β

TGF-βは「Transforming growth factor-β」の略で、さまざまな機能を持つサイトカイン(細胞の働きをコントロールする分泌性タンパクの一つ)です。

TGF-βの生理作用は主に細胞の増殖・細胞死・細胞分化・免疫の調節・細胞運動など豊富であり、主に細胞増殖と分化を制御しています。

細胞増殖を抑制する作用があるため、コラーゲンなどの細胞外マトリックスタンパク質の生産をうながすことも特徴の一つとして知られています。

TGF-βに期待できる効果

TGF-βは、コラーゲンの合成を促進したり、血管内皮細胞が増殖するのを抑制したりするなどの生理的働きを持っています。皮膚線維芽細胞にTGF-βで刺激を与えると、ヒアルロン合成がEGFやFGFなどよりもより強力に促されることを報告する研究もあります。

皮膚線維芽細胞をTGF-β1, bFGF, EGF, PDGF-BBで刺激し,合成系への影響を比較したところ,bFGF, EGF, PDGF-BBはHAS2のみ発現誘導したのに対し,TGF-β1はHAS1とHAS2の両遺伝子を発現誘導し,ヒアルロン酸産生を最も強力に促進した(27).一方,分解系に対しては,ヒアルロン酸の産生を高めるうえで合目的なことに,TGFβ1,bFGF, EGF, PDGF-BBはいずれもHYBID発現とヒアルロン酸分解を低下させ,なかでもTGF-β1が最も強力に抑制した

出典: (PDF) '『HYBID(KIAA1199)が司る新規なヒアルロン酸分解機構ヒアルロン酸代謝研究の新展開』化学と生物 Vol. 55, No. 2, 2017[PDF]

こうしたことから、TGF-βを使った化粧品は、お肌がヒアルロン酸などのコラーゲンを作る作用を促し、潤いとハリのある肌作りに貢献してくれると考えられています。

VEGF

VEGFは「Vascular endothelial growth factor」の略で、「血管内皮増殖因子」と呼ばれている糖タンパク質です。

血管内皮細胞を増殖させる働きを持ち、血管の形成をうながして、酸素を積極的に供給させようとします。

各細胞や組織が何らかの原因によって低酸素状態に陥ると、VEGFが自動的に増加して新しい血管が形成され、そこから酸素が供給されるようになります。

VEGFに期待できる効果

日本語にすると、血管内皮増殖因子と称されるVEGFは、人の皮膚にある血管を新たに作り出してくれることから、皮膚に栄養を効率的に供給してくれるようになります。

化粧品では、美肌はもちろんですが、発毛・育毛・美しい髪づくりなどに効果があるのではないかと期待され、ヘアケア商品などで広く活用されています。また、皮膚に対してもお肌の血行が良くなることで新陳代謝能力が高まり、肌のくすみ改善や透明力を取り戻すなどの効果が期待できます。

VEGFは血管の形成を促進することから、血流循環を促進して毛根に栄養を多く供給することや、毛髪のコルテックス細胞同士の接着に関係していることが報告されている。 特に、最近の研究では、VEGF発現量の低下と毛髪のハリコシの低下が相関していることが報告され、VEGF産生促進剤の毛髪化粧料への応用が着目されている(非特許文献3)従って、真皮での血管の増加と栄養供給に関与しているVEGFの産生を促進することは、創傷の回復・治癒に非常に有効である他、皮膚の新陳代謝の低下等によって生じるくすみや肌の透明感の低下といった肌色改善に有効である。

出典: 『公開特許公報(A)_VEGF産生促進剤2012

リーズナブルなのにエイジング効果が期待できる幹細胞化粧品Best3はこちら

幹細胞化粧品おすすめBest3

No.1

JCウルティマセラミスト
(旧:プラズマ V セラミスト)

No.1 プラズマ V セラミスト

おすすめ度:星5つ

詳細はこちら

No.2

ピーチモモ
シャイニージェル

No.2 ピーチモモ シャイニージェル

おすすめ度:星4つ

詳細はこちら

No.3

アンプルール ラグジュ
アリー・デ・エイジ
リジュリューションα
プラス

No.3 アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ リジュリューションα プラス

おすすめ度:星4つ

詳細はこちら

顔のたるみの改善なるか?! ランキング1位の幹細胞コスメを使ってみた!

顔のたるみ度をセルフチェック

サイトマップ