【人気商品はコレ!】幹細胞化粧品おすすめランキング
【顔のたるみは改善する?】幹細胞化粧品体験レポート

植物由来(管理人のおすすめ度★★★★★)

植物由来の幹細胞化粧品は、植物の幹細胞を抽出、人工培養で幹細胞を増加させたものです。代表的な幹細胞エキスとしては、「リンゴ幹細胞エキス」や「カミツレ幹細胞エキス」「アルガン幹細胞エキス」などがあります。

こちらのページでは、これらの植物由来の幹細胞化粧品の特徴についてまとめています。

リンゴとアルガンの幹細胞化粧品の特長

リンゴの幹細胞エキスには、スイス産のリンゴ「ウトビラー・スパトラウバー」が使用されています。

このリンゴは、収穫後4カ月経過しても傷まないとのことで、「奇跡のリンゴ」とも呼ばれています。

優れた抗酸化力を持っているため、化粧品にも配合されており、他のタイプの幹細胞化粧品とは異なるアプローチで、アンチエイジングのために働きかけます。

ただし、このリンゴは希少価値のある品種であるため、化粧品用としてたくさんの実を使用することができません。

そのため、実から幹細胞を抽出、培養し、大量の幹細胞エキスを生み出しています。

アルガン幹細胞エキスはアルガンツリー芽から抽出された幹細胞エキスです。サハラ砂漠に生息し、砂漠の厳しい気候に耐えてきたため、強い生命力を持っています。

カミツレの幹細胞エキスの特長

カミツレは、美容製品に使用しつづけられている成分で、保湿、消炎、血行促進効果、肌に透明感を与える効果などが期待されています。

カミツレエキスは安全性が高いため、敏感肌の方でも安全に使用できます。カミツレの幹細胞エキスは、紫外線防止、アンチエイジング効果があると言われています。

植物由来の幹細胞のメリットとデメリット

植物由来の幹細胞化粧品は、抗酸化作用や保湿効果があります。また、自然の植物は安全性が高く、特定の植物アレルギーがあければ、ほとんどの方が安全に使用することができます。

ただし、植物の幹細胞には動物にそんな和っている情報伝達手段、レセプターとリガンドが存在しません。その代わり、植物は細胞膜のマイクロチャンネルにて命令物質を送り込みます。

つまり、ヒトや動物と植物では性質や成分が異なっており、ヒトの鍵穴にぴったり合うとは限らず、植物幹細胞が肌にしっかり働きかけるかどうかわからない部分もあります。

ヒトの細胞と植物では、遺伝子、染色体の数、特長が異なっているため、どのような人にも効果が得られるかどうかも不明です。

植物の幹細胞では、表皮の角質層の透明化アップ、潤い補給などは期待できますが、肌の奥からの再生や修復は難しいと言われています。

リーズナブルなのにエイジング効果が期待できる幹細胞化粧品Best3はこちら