【人気商品はコレ!】幹細胞化粧品おすすめランキング
【顔のたるみは改善する?】幹細胞化粧品体験レポート

フェイスライン

こちらのページではフェイスラインのたるみの原因や対処法について解説していきます。

なぜフェイスラインのたるみが起こるの?

10代・20代の若いころは特別なケアをしなくても肌のハリは保たれています。その理由は、広頚筋や筋膜の力によって、皮膚や顔の筋肉がしっかりと支えられているからです。そしてもう1つ、理由があります。それは、肌内部のコラーゲンやエラスチンが豊富で、組織が頑丈だからです。

しかし、若いころのハリは、いつまでも保たれ続けるわけではありません。年齢としては、30代・40代ごろからハリがなくなってきたと感じるようになるでしょう。その理由は2つ。1つ目は、顔の筋力が弱まって筋肉がしっかりと支えられなくなることで、たるみが発生すること。そしてもう1つは、コラーゲンやエラスチンの減少による影響が考えられます。

筋力の弱まりについては、年齢とともに全身の筋力低下も発生するので、顔の筋力が減ってしまうのは理解できますよね。顔の筋力をつけることが対策としてできることです。

でも、コラーゲンやエラスチンの減少は目で見て判断しづらく、対策をするためにまずは仕組みから知る必要があります。

肌内部の組織で、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といった3つの成分が、真皮の中でハリや弾力を保つために働いています。私たちの目に見える皮膚は表皮と呼びますが、肌の内側から3つの成分が支えている状態です。ずっと支え続けてくれるといいのですが、年齢とともに3つの成分がそれぞれ減少していきます。

本来ならコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸は体内で生成されるのですが、年齢を重ねると生成する力も弱まることがわかっています。残った成分たちも、切れたり細くなったりと弱々しい姿になり、皮膚を支えることができずたるみを招いてしまう…という仕組みです。

筋力の低下も、そして肌のハリを維持する3つの成分が減少するのも、加齢だけが原因ではありません。紫外線を浴びて肌が光老化という状態になってしまったり、乱れた生活習慣を送っていて栄養が不足してしまったり、睡眠が足りずに細胞が活性化されなくなっていたり、原因は様々。それらすべてが原因となってたるんでいる可能性もあります。

また、喫煙やストレスなどによって肌に必須のビタミンCを大量消費してしまい、足りなくなってたるみを招くこともあります。日ごろの何気ない生活が、実は肌に大きなダメージを与えているかもしれません。

一度たるみが気になり始めてしまったら、鏡を見るたびに嫌な気持ちになりますよね。少しでも早くたるみを解消したい…だけど年齢のせいなら仕方がないのでは…とあきらめていませんか?フェイスラインのたるみも、頑張れば引き締めることができます。あきらめずに対策しましょう。

顔の筋肉を鍛える方法、そしてコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といった肌のハリには欠かせない成分を増やす方法についてご紹介します。

幹細胞コスメ・化粧品でケアをする

たるんだフェイスラインを元に戻すには、化粧品でケアをしましょう。化粧品については、商品に対する基本理念がきちんとしていて、安全性の高い原料を使っているものを選んでください。

シワやたるみなど原因となる幹細胞に着目した化粧品などもおすすめします。

幹細胞を活性化させることで、皮膚の細胞を作るもととなる細胞が生まれ変わり、皮膚を引き締めることができるかもしれません。

また、フェイスラインのたるみは弾力が失われることも原因となっているため、コラーゲンが配合された化粧品を使い、真皮のコラーゲンを増加させるとよいでしょう。

コスメでのケア+表情筋を鍛える

日本人は表情筋をあまり動かさない傾向にあるようです。引き締まったフェイスラインを手に入れるためには、表情筋を積極的に動かすことが必要です。

わざわざ時間を取ってトレーニングをしなくとも、人と話をするときに意識して表情を作る、食事の際は良く噛むことで、表情筋を鍛えることができます。

表情筋を鍛えるには以下の方法が有効です。500mlのペットボトルに少量の水を入れ、唇の力でくわえます。

ペットボトルが水平になったところで、そのままキープします。慣れないうちは大変ですが、フェイスラインの引き締めにはかなり有効です。

その他、口を大きく開けて「あいうえお」と言うことで表情筋を鍛えることができます。

フェイスラインの引き締めマッサージで小顔になろう!

顔のたるみを改善するには、フェイスラインを引き締めることが大事です。フェイスラインを引き締めるマッサージの仕方についてご紹介します。

フェイスラインを引き締めるマッサージのやり方

  1. クレンジング、洗顔で顔の汚れを綺麗に落とします。その後、保湿効果のあるクリームや美容ジェルなどを100円玉くらいの大きさ分手に取り、顔と首にまんべんなく塗っていきます。
  2. 次に首筋のリンパを上から下に向かって刺激します。少し強めに力を入れて、1.5秒くらいの長さで押すといいでしょう。これを左右10回程度行います。
  3. 首の老廃物をリンパに流し終えたら、次は顎の老廃物を流していきます。親指を使ってフェイスラインをなぞり、少し痛いくらいの強さで5~10回往復してください。顎の先から耳下腺に向かって、老廃物を流すようなイメージで刺激するのがポイントです。
  4. 次に頬の老廃物を流します。親指の腹を使って口角から耳へ、小鼻から耳へと3回ほどマッサージしていきましょう。このとき初めに塗ったクリームが乾いていたら、摩擦でたるみを引き起こしてしまうので、塗り直しておくといいです。
  5. 最後に首のリンパをもう一度マッサージして、鎖骨のツボを刺激していきます。マッサージは左右10回ずつ行うといいです。

このマッサージを1日2回行うと効果的です。できれば朝・晩行うのがいいですが、朝は時間がなくてできないという人は、夜にしっかりマッサージをするようにしましょう。

夜にマッサージをする場合は、血行が良く老廃物が流れやすいお風呂上りの時間帯がおすすめです。

小顔グッズを活用するのもアリ!

フェイスラインを引き締める方法としては、グッズを使うのも一つの手です。具体的にはどのようなグッズがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

小顔ローラー

小顔グッズの定番とも言えるアイテムが、「小顔ローラー」です。100円で購入できるものから、数万円の値が付くものまで幅広い種類が販売されています。

あまりにも安いものを購入してしまうと、きちんとした引き締め効果が得られなかったり、肌を傷つけてしまったりする可能性があるので注意しましょう。

数万円するものは、やはりそれなりに高い性能を持っています。

顔だけでなく身体のケアにも使用することができ、脂肪の燃焼を促してフェイスラインを引き締めてくれるほか、微弱電流の働きで美肌効果までもたらしてくれる優れたアイテムとなっています。

かっさ

かっさは、古くから中国の民間療法で使用されていたアイテムです。かっさを使ってマッサージをすることで血行が良くなり、老廃物の排出を促すことができます。

体内の老廃物が排出されると、顔のむくみが改善されるので、フェイスラインの引き締めや美肌効果が期待できるというわけです。

しかし、あまり摩擦が強いものを選ぶと、肌を傷つけてしまう可能性があるため、摩擦がそれほど強くないものを使用するのがおすすめです。

美顔器

美顔器は超音波を顔に当てることで、フェイスラインを引き締めてくれるアイテムです。超音波の微妙な振動を顔の筋肉に与えることで、たるみやむくみなどを改善し、小顔効果を発揮します。

美顔器は1万円以下で購入できるリーズナブルなものから、3万円ほどする高価なものまであります。

値段が安いと魅力的に見えますが、高いものはイオン導出入やEMSなどの多種多様な機能が付いているのでおすすめです。

フェイスラインを引き締めてくれるだけでなく、美容成分を肌の奥まで浸透させ、キメの整った美しい肌を作ってくれます。

小顔マウスピース

小顔マウスピースは、口の中に入れて顔を動かすことで、頬や顎周りの筋肉を引き締めるアイテムです。

年と共に衰えがちな表情筋のトレーニングができるので、顔のたるみや二重あご、ほうれい線などの改善に効果的です。

また、使っているうちに、表情筋が鍛えられるだけでなく口角も上がりますので、顔の印象を良くすることもできます。

小顔ローラーや美顔器などに比べて値段が安く、1000円以下で販売されているものが多いため、手軽に購入できるということも嬉しい点です。

フェイスラインを引き締めてくれるアイテムには、このようなグッズがあります。顔の引き締め効果はもちろん、美肌にも効果的な機能を搭載しているグッズも販売されていますので、顔のトータル美容ケアをすることができますよ。

日常のクセを見直す

日常の生活で、自分が気づいていないクセはないでしょうか?顔のたるみは、普段の何気ない仕草が原因となっている場合もあります。特に気を付けなくてはいけないのが、頬杖をつくクセです。パソコンをしているときや、テレビを見ているとき、勉強をしているときなど、ふと気づいたら頬杖をついていないでしょうか。

頬杖をつくクセがある人は、右か左、どちらかつきやすいほうがあると思います。毎日のように頬杖をついていると、いつもついている側の皮膚が伸びやすくなり、たるみを招いてしまいます。

もう1つ、うつぶせで寝るクセがある人も気を付けなくてはいけません。うつぶせになっていると、頬が重力にもっていかれている状態が続いてしまいます。皮膚は引っ張られる方向に伸びようとするため、たるみが発生しやすくなるでしょう。

こういった普段の生活を見直すことが、たるみ予防・対策には必要です。

紫外線を防ぐ

肌は紫外線に当たれば当たるほど悪い影響を受けてしまいます。紫外線が当たることで、肌内部のコラーゲンやエラスチンは破壊されます。一度に破壊される量は少なくても、何年・何十年も破壊され続けていると、年を重ねてからたるみやハリに悩まされてしまうでしょう。

夏は紫外線が強いため、意識して紫外線対策をする人が多いですよね。日焼け止めや日傘、サングラスなど…夏になると使う機会が増えます。しかし、太陽は1年中出ていますよね。ということは、紫外線は年中降り注いでいます。

特に冬は紫外線対策に気を抜きがち。肌を覆う服を着ることが多くなるので、腕や足といった身体への影響は感じないかもしれません。しかし、顔はどうでしょうか。冬でも肌が常に見えている状態ですよね。顔だけは冬でもしっかり紫外線にさらされています。紫外線量が少なくても、常に浴びていれば悪い影響は蓄積してしまうため、夏に限らず冬でもしっかり紫外線対策を行いましょう。日焼け止めは年中使用し、直射日光が当たるときは日陰に入るなど、紫外線を意識して行動してくださいね。

食生活に気を付ける

食事は人間の体を作る源です。栄養を摂取し、そしてその栄養を体内で活用します。肌のハリを保つために必要な栄養は様々ありますが、特に意識して摂取しなくてはいけない成分はビタミンCですね。

美白や美肌に効果がある成分として有名ですが、ビタミンCにはコラーゲンの生成を促進させる効果がある、ともいわれています。コラーゲンは年齢とともに減少していくので、ビタミンCを補ってコラーゲンが少しでも多く生成されるように意識したいですね。

そして、もう1つ意識してほしいのが「活性酸素」です。活性酸素は、とても強い殺菌力を持っています。本来なら、体内で細菌やウイルスを撃退するために働くのですが、増えすぎると正常な細胞まで攻撃する点が問題です。肌の正常な細胞も攻撃され、たるみを招いてしまいます。

活性酸素はビタミンCを始め、ビタミンEに含まれる抗酸化成分によって、過剰な働きを防ぐことができます。ビタミンC・Eを積極的に摂取するよう心がけ、活性酸素による肌のたるみを予防しましょう。

手軽にフェイスラインをケアしたいなら幹細胞コスメがおススメ!

フェイスラインのたるみが気になり始めたけど、食生活の見直しや紫外線対策には限界がありますよね。また、クセも直すのには時間がかかります。そこでおすすめしたいのが、肝細胞コスメの使用です。

幹細胞コスメは、再生医療でも注目されている幹細胞を使ったコスメです。幹細胞は全身のいたるところに存在しており、全身の細胞を作り出すもと。幹細胞は自分自身で分裂し増殖することができる細胞で、再生医療の分野では盛んに研究がおこなわれているところです。そして、幹細胞の効果は美容分野でも発揮されるのではないか、と最近話題になっています。

幹細胞コスメは、肌から直接幹細胞エキスを吸収することによって、肌細胞を活性化させて肌の再生機能を高めるといわれています。今までの化粧品と違い、肌の細胞レベルで若返りを目指すことでアンチエイジングができると大人気です。

肌を細胞から元気にしてくれる幹細胞エキスを含んだコスメなら、今を維持するためのお手入れではなく、肌を若返らせるためのお手入れができるでしょう。人気が高まっている今、幹細胞コスメは様々なメーカーから販売されています。質が良くリーズナブルな幹細胞コスメも増えているため、ぜひ気軽に試してみてください。

リーズナブルなのにエイジング効果が期待できる幹細胞化粧品Best3はこちら

幹細胞化粧品おすすめBest3

No.1

JCウルティマセラミスト
(旧:プラズマ V セラミスト)

No.1 プラズマ V セラミスト

おすすめ度:星5つ

詳細はこちら

No.2

ピーチモモ
シャイニージェル

No.2 ピーチモモ シャイニージェル

おすすめ度:星4つ

詳細はこちら

No.3

アンプルール ラグジュ
アリー・デ・エイジ
リジュリューションα
プラス

No.3 アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ リジュリューションα プラス

おすすめ度:星4つ

詳細はこちら

顔のたるみの改善なるか?! ランキング1位の幹細胞コスメを使ってみた!

顔のたるみ度をセルフチェック

サイトマップ