【人気商品はコレ!】幹細胞化粧品おすすめランキング
【顔のたるみは改善する?】幹細胞化粧品体験レポート

フェイスライン

こちらのページではフェイスラインのたるみの原因や対処法について解説していきます。

なぜフェイスラインのたるみが起こるの?

若いうちは、広頚筋や筋膜の力により皮膚や顔の筋肉をしっかり支えることができ、引き締まったフェイスラインを維持できます。

しかし、年齢と共に筋膜が弱まり、肌の弾力も失われると、筋肉が垂れてきます。これにより、フェイスラインが崩れがちになります。また、紫外線や喫煙などもフェイスラインの崩れの原因となります。

その他、長時間パソコンやスマートフォンを使用する方も注意が必要です。長時間同じ姿勢で画面を見続けると、胸鎖乳突筋が凝ってしまい、フェイスラインがたるみやすくなります。

しかし、フェイスラインがたるんでしまったとしても再び引き締めることは可能です。

以下に、顔の筋肉を鍛え、フェイスラインを引き締める方法について紹介します。

幹細胞コスメ・化粧品でケアをする

たるんだフェイスラインを元に戻すには、化粧品でケアをしましょう。化粧品については、商品に対する基本理念がきちんとしていて、安全性の高い原料を使っているものを選んでください。

シワやたるみなど原因となる幹細胞に着目した化粧品などもおすすめします。

幹細胞を活性化させることで、皮膚の細胞を作るもととなる細胞が生まれ変わり、皮膚を引き締めることができるかもしれません。

また、フェイスラインのたるみは弾力が失われることも原因となっているため、コラーゲンが配合された化粧品を使い、真皮のコラーゲンを増加させるとよいでしょう。

コスメでのケア+表情筋を鍛える

日本人は表情筋をあまり動かさない傾向にあるようです。引き締まったフェイスラインを手に入れるためには、表情筋を積極的に動かすことが必要です。

わざわざ時間を取ってトレーニングをしなくとも、人と話をするときに意識して表情を作る、食事の際は良く噛むことで、表情筋を鍛えることができます。

表情筋を鍛えるには以下の方法が有効です。500mlのペットボトルに少量の水を入れ、唇の力でくわえます。

ペットボトルが水平になったところで、そのままキープします。慣れないうちは大変ですが、フェイスラインの引き締めにはかなり有効です。

その他、口を大きく開けて「あいうえお」と言うことで表情筋を鍛えることができます。

フェイスラインの引き締めマッサージで小顔になろう!

顔のたるみを改善するには、フェイスラインを引き締めることが大事です。フェイスラインを引き締めるマッサージの仕方についてご紹介します。

フェイスラインを引き締めるマッサージのやり方

  1. クレンジング、洗顔で顔の汚れを綺麗に落とします。その後、保湿効果のあるクリームや美容ジェルなどを100円玉くらいの大きさ分手に取り、顔と首にまんべんなく塗っていきます。
  2. 次に首筋のリンパを上から下に向かって刺激します。少し強めに力を入れて、1.5秒くらいの長さで押すといいでしょう。これを左右10回程度行います。
  3. 首の老廃物をリンパに流し終えたら、次は顎の老廃物を流していきます。親指を使ってフェイスラインをなぞり、少し痛いくらいの強さで5~10回往復してください。顎の先から耳下腺に向かって、老廃物を流すようなイメージで刺激するのがポイントです。
  4. 次に頬の老廃物を流します。親指の腹を使って口角から耳へ、小鼻から耳へと3回ほどマッサージしていきましょう。このとき初めに塗ったクリームが乾いていたら、摩擦でたるみを引き起こしてしまうので、塗り直しておくといいです。
  5. 最後に首のリンパをもう一度マッサージして、鎖骨のツボを刺激していきます。マッサージは左右10回ずつ行うといいです。

このマッサージを1日2回行うと効果的です。できれば朝・晩行うのがいいですが、朝は時間がなくてできないという人は、夜にしっかりマッサージをするようにしましょう。

夜にマッサージをする場合は、血行が良く老廃物が流れやすいお風呂上りの時間帯がおすすめです。

小顔グッズを活用するのもアリ!

フェイスラインを引き締める方法としては、グッズを使うのも一つの手です。具体的にはどのようなグッズがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

小顔ローラー

小顔グッズの定番とも言えるアイテムが、「小顔ローラー」です。100円で購入できるものから、数万円の値が付くものまで幅広い種類が販売されています。

あまりにも安いものを購入してしまうと、きちんとした引き締め効果が得られなかったり、肌を傷つけてしまったりする可能性があるので注意しましょう。

数万円するものは、やはりそれなりに高い性能を持っています。

顔だけでなく身体のケアにも使用することができ、脂肪の燃焼を促してフェイスラインを引き締めてくれるほか、微弱電流の働きで美肌効果までもたらしてくれる優れたアイテムとなっています。

かっさ

かっさは、古くから中国の民間療法で使用されていたアイテムです。かっさを使ってマッサージをすることで血行が良くなり、老廃物の排出を促すことができます。

体内の老廃物が排出されると、顔のむくみが改善されるので、フェイスラインの引き締めや美肌効果が期待できるというわけです。

しかし、あまり摩擦が強いものを選ぶと、肌を傷つけてしまう可能性があるため、摩擦がそれほど強くないものを使用するのがおすすめです。

美顔器

美顔器は超音波を顔に当てることで、フェイスラインを引き締めてくれるアイテムです。超音波の微妙な振動を顔の筋肉に与えることで、たるみやむくみなどを改善し、小顔効果を発揮します。

美顔器は1万円以下で購入できるリーズナブルなものから、3万円ほどする高価なものまであります。

値段が安いと魅力的に見えますが、高いものはイオン導出入やEMSなどの多種多様な機能が付いているのでおすすめです。

フェイスラインを引き締めてくれるだけでなく、美容成分を肌の奥まで浸透させ、キメの整った美しい肌を作ってくれます。

小顔マウスピース

小顔マウスピースは、口の中に入れて顔を動かすことで、頬や顎周りの筋肉を引き締めるアイテムです。

年と共に衰えがちな表情筋のトレーニングができるので、顔のたるみや二重あご、ほうれい線などの改善に効果的です。

また、使っているうちに、表情筋が鍛えられるだけでなく口角も上がりますので、顔の印象を良くすることもできます。

小顔ローラーや美顔器などに比べて値段が安く、1000円以下で販売されているものが多いため、手軽に購入できるということも嬉しい点です。

フェイスラインを引き締めてくれるアイテムには、このようなグッズがあります。顔の引き締め効果はもちろん、美肌にも効果的な機能を搭載しているグッズも販売されていますので、顔のトータル美容ケアをすることができますよ。

リーズナブルなのにエイジング効果が期待できる幹細胞化粧品Best3はこちら

幹細胞化粧品おすすめBest3

No.1

JCウルティマセラミスト
(旧:プラズマ V セラミスト)

No.1 プラズマ V セラミスト

おすすめ度:星5つ

詳細はこちら

No.2

ピーチモモ
シャイニージェル

No.2 ピーチモモ シャイニージェル

おすすめ度:星4つ

詳細はこちら

No.3

アンプルール ラグジュ
アリー・デ・エイジ
リジュリューションα
プラス

No.3 アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ リジュリューションα プラス

おすすめ度:星4つ

詳細はこちら

顔のたるみの改善なるか?! ランキング1位の幹細胞コスメを使ってみた!

顔のたるみ度をセルフチェック

サイトマップ