【人気商品はコレ!】幹細胞化粧品おすすめランキング
【顔のたるみは改善する?】幹細胞化粧品体験レポート

ほうれい線

口もとに大きく深く刻まれた2本のしわがほうれい線です。このほうれい線があるだけで、見た目年齢が一気に高くなってしまいます。年齢と共にほうれい線ができやすくなりますが、しっかりお手入れを続けることで、ほうれい線を目立たなくすることは可能です。こちらのページではほうれい線が出来る原因と対策について解説していきます。

なぜほうれい線ができるのか?

口もとには表情筋があるため、表情筋が緊張することでシワが寄りやすくなっています。

笑った場合にも口もとにシワが寄りますが、若いうちはさまざまな表情をすることでシワが定着することはありません。

しかし、加齢により表情の癖が残りやすくなり、これに肌の乾燥が重なると、シワとして刻まれてしまいます。

さらに、重力と共に頬がたるんでくると口元と頬の間にほうれい線ができてしまいます。一度できてしまったほうれい線を消すことは難しいのですが、地道にケアを続けることで目立たなくすることは可能です。

ほうれい線を目立たなくするためには幹細胞コスメがオススメ

乾燥や加齢がおもな原因であるほうれい線のケアには、コラーゲンやヒアルロン酸など肌を作り出す成分が配合されている化粧品をおすすめ。

いちおしは、「幹細胞化粧品」です。

ほとんどのコスメは、コラーゲンやヒアルロン酸そのものを外側からプラスするものですが、幹細胞コスメは、肌本来のハリや弾力を取り戻すことができるので、肌がふっくらとし、しわができにくくなります。

特に、お風呂上りに美容液などをつけて、ラップで覆うなどのパックを行うことで、肌をしっかり保湿することができます。

スキンケアにプラスしたいおすすめのほうれい線対策

ほうれい線を目立たなくするためには、ツボ押しも有効です。

頬骨の真下にある「巨りょう」というツボを刺激するとよいでしょう。

巨りょうは、黒目と小鼻の両端をそのまま真下におろし、これらの線が交わるところに存在します。

両手の人差し指の腹で左右のツボを同時に軽く押します。5秒ずつ押し、ゆっくり離すという動作を5回繰り返します。

また、日常生活においては、化粧品での保湿はもちろん、頬杖をつかない、左右両方の歯でしっかり噛むように意識することが大切です。

また、ほうれい線をかるくつまんだり、両手で頬をリフトアップさせるなどのマッサージも効果的です。

ほうれい線を短期間で消すことは難しいですが、根気よくお手入れを続けることで、若々しい肌を取り戻すことができます。

リーズナブルなのにエイジング効果が期待できる幹細胞化粧品Best3はこちら