【人気商品はコレ!】幹細胞化粧品おすすめランキング
【顔のたるみは改善する?】幹細胞化粧品体験レポート
植物由来の幹細胞化粧品おすすめランキング HOME » 顔のたるみ度をセルフチェック

顔のたるみ度をセルフチェック

あなたの顔のたるみの危険性はどれぐらい?顔のたるみをセルフチェックしてみましょう!

鏡か写真を用意して!顔のたるみ度をチェック

顔のたるみ度をチェック

自分の顔を紙で見ながら、あるいは、自分の顔の写真を撮って、肌がたるんでいないかどうかチェックしてみましょう。

1.二重あごになっていませんか?

2.顔の輪郭ははっきりしていますか?

3.笑顔が自然に出ますか?

4.ほうれい線が刻まれていませんか

5.唇のボリュームがなくなっていませんか?

6.口角が下がっていませんか?

7.頬骨の位置が下がっていませんか?

8.涙型の毛穴が目立ちませんか?

9.目の周りにしわがありませんか?

10.目の下にくぼみはありませんか?

11.眉毛が下がっていませんか?

あなたは、いくつ当てはまっていましたか?当てはまる項目が多ければ多いほど、肌がたるんでいるということになります。

できれば写真を撮って上記の項目をチェックしてみましょう。

自分の写真を撮って、さまざまな角度からチェックすることで、顔のゆがみや、鏡で見ただけでは気づかなかった、輪郭のぼやけを見つけることができます。そして、自分の顔のたるみ度もチェックしていきましょう。

では、次に生活習慣についてチェックしてみましょう。 

生活習慣から顔のたるみ度をチェック

1.猫背気味である

2デスクワークの仕事に就いている

3運動不足である

4座っている時、足を組んだり、頬杖をついてしまう

5クレンジング時に肌をこすりがちである。

6.0時以降に就寝する

7高い枕を使用している

8起床時に首や肩が痛む

9むくみがある

10食事で片方の歯のみでかむ傾向にある

11タバコを吸う

12自分の横顔を見る機会がない

13口角が下がっているように感じる

あなたはいくつ当てはまりましたか?

身体の筋肉とは違い、顔の筋肉は薄く弱いです。

そのため、顔の筋肉を使わなければ、どんどんたるんでいってしまいます。

筋肉の凝り、血流やリンパの滞りを正常化し、表情筋を鍛え、首の凝りをほぐすことが有効です。

また、片方の歯で物を噛み続けたり、猫背でいると、筋肉が凝ってしまい、血流やリンパも滞りがちになります。これらが原因で、顔のたるみやほうれい線の原因となります。

この場合、表情筋トレーニングを行い、ストレッチで全身の筋肉をほぐし、筋肉の老化を食い止めましょう。

リーズナブルなのにエイジング効果が期待できる幹細胞化粧品Best3はこちら