【人気商品はコレ!】幹細胞化粧品おすすめランキング
【顔のたるみは改善する?】幹細胞化粧品体験レポート

クリニックで手術する

化粧品、マッサージ、生活習慣の改善などで顔のたるみを解消しようとしてもなかなか上手くいかないこともあるでしょう。

そのため、即効性を求めるのであれば、クリニックで手術を受けることを検討してみるのも良いでしょう。こちらのページでは、顔のたるみを解消するための手術と失敗例について紹介します。

ボトックス注射のメリットとデメリット

ボトックスとは、ボツリヌス菌を注射することで、筋肉収縮を弱め、しわを伸ばす方法です。眉間、目尻のしわ、ほうれい線を目立たなくできるとのことで人気の高い施術となっています。

費用相場は1回当たり3万円~6万円で、顔全体のシワを解消する場合、15万円以上かかる場合もあります。なお、効果は3ヶ月~6ヶ月しか持続しないため、定期的に注射を受けなければなりません。

また、ボトックス注射は筋肉をリラックスさせる作用があるため、眉間などに注射した場合、眼瞼下垂になってしまうことがごくまれにあります。

その他、ボトックス注射を受けたことで、エラが目立つようになった、目を開けづらくなった、人相が悪くなったという失敗例があります。

金の糸のメリットとデメリット

金の糸とは、極細の純金の糸を真皮層に埋め込み、線維芽細胞を活性化させコラーゲンの生成を促すことをいいます。ただし、たるんでしまった組織そのものを引き締める効果はありません。

金の糸を受けてから数日ほどは内出血などのダウンタイムがあります。また、金属アレルギーを持っている方の中には、腫れや赤みなどの合併症がおこることがあります。費用の相場は30万円~50万円、顔全体の場合、100万円前後かかることもあります。

フェイスリフトのメリットとデメリット

ボトックス注射や金の糸もフェイスリフトに分類され、切らないフェイスリフトと呼ばれています。ここでは切るフェイスリフトについて解説します。

切るフェイスリフトの場合、メスを使って耳の前後をラインに沿って切開し、たるんでいる皮下組織や脂肪を取り除いて、筋膜を引き上げます。たるみの原因そのものを除去するため、効果が長続きするというメリットがあります。

ただし、メスを使用するため、術後1週間ほどは腫れや内出血などのダウンタイムがあります。費用相場は、耳の前部分のみのリフトであれば、40~80万円、耳の前後を切開する場合、70~180万円程度となっています。

切開した場合、どうしても白っぽい傷跡が残るため、日本人の肌では、傷跡がどうしても目立ってしまいます。その他、フェイスリフトにより、耳が変形した、もみあげがずれ、髪の生え方が不自然に見えるようになるという失敗例があります。

このように、クリニックの手術を受けることで、必ずしも成功するわけではありません。高額な費用がかかる上に、失敗したという例もありますので、まずは化粧品などでたるみの解消を試みることをおすすめします。

金の糸のメリットとデメリット

金の糸とは、極細の純金の糸を真皮層に埋め込み、線維芽細胞を活性化させコラーゲンの生成を促すことをいいます。ただし、たるんでしまった組織そのものを引き締める効果はありません。

金の糸を受けてから数日ほどは内出血などのダウンタイムがあります。

また、金属アレルギーを持っている方の中には、腫れや赤みなどの合併症がおこることがあります。費用の相場は30万円~50万円、顔全体の場合、100万円前後かかることもあります。

フェイスリフトのメリットとデメリット

ボトックス注射や金の糸もフェイスリフトに分類され、切らないフェイスリフトと呼ばれています。

ここでは切るフェイスリフトについて解説します。切るフェイスリフトの場合、メスを使って耳の前後をラインに沿って切開し、たるんでいる皮下組織や脂肪を取り除いて、筋膜を引き上げます。

たるみの原因そのものを除去するため、効果が長続きするというメリットがあります。

ただし、メスを使用するため、術後1週間ほどは腫れや内出血などのダウンタイムがあります。費用相場は、耳の前部分のみのリフトであれば、40~80万円、耳の前後を切開する場合、70~180万円程度となっています。

切開した場合、どうしても白っぽい傷跡が残るため、日本人の肌では、傷跡がどうしても目立ってしまいます。

その他、フェイスリフトにより、耳が変形した、もみあげがずれ、髪の生え方が不自然に見えるようになるという失敗例があります。

このように、クリニックの手術を受けることで、必ずしも成功するわけではありません。高額な費用がかかる上に、失敗したという例もありますので、まずは化粧品などでたるみの解消を試みることをおすすめします。

リーズナブルなのにエイジング効果が期待できる幹細胞化粧品Best3はこちら