【人気商品はコレ!】幹細胞化粧品おすすめランキング
【顔のたるみは改善する?】幹細胞化粧品体験レポート

優秀コスメで毎日のケア

近年は優れた成分が配合された化粧品が多数販売されており、このような化粧品を使用することで、顔のたるみを解消することができます。

顔のたるみには幹細胞の化粧品が有効ですが、その他にもおすすめの成分もあります。

こちらのページでは、その他、おすすめの成分、シンエイク、FGF、フラーレンの効果や使用方法についてまとめています。

そもそも顔のたるみの原因って何?

そもそも顔のたるみは、何故できてしまうのでしょうか。たるみの主な原因についてご紹介します。

乾燥

紫外線や気温の変化によって、肌が乾燥しやすくなります。肌が乾燥すると真皮が水分不足になり、顔のたるみを引き起こしてしまう原因に繋がります。

乾燥を防ぐためには十分な保湿ケアを行って、肌の水分不足を解消してあげましょう。

紫外線

顔のたるみを引き起こす大きな要因のひとつが、紫外線です。紫外線を過度に浴びると、コラーゲンやエラスチンなどの美肌に欠かせない成分が破壊されてしまいます。

これらの成分は肌に弾力とハリを与えてくれる重要な成分なので、減少すると顔のたるみやシワができやすくなります。

それを防ぐためにも、外出時は日焼け止めを塗ったり、帽子を被ったりしてしっかり紫外線対策を行うようにしましょう。

表情筋の衰え

笑ったり怒ったりするときに使う表情筋が衰えることでも、顔のたるみを引き起こす原因になります。

表情筋も他の筋肉と同じように、使わないと次第に衰えていきます。最近あんまり人と話していない、笑っていないという人は、表情筋が衰えている可能性がありますので要注意です。

特に笑うときに使う表情筋は怒るときよりも圧倒的に多いと言われていますので、普段から良く笑うことを心がけることで、顔のたるみを予防することができるでしょう。

肌の弾力成分の減少

肌に弾力を与えてくれるコラーゲン成分は、17~18歳頃をピークに量がどんどん減少していきます。その原因は年齢が上がるにつれて、コラーゲンを生成する細胞に栄養が行き渡りにくくなるからです。

また、肌のバリア機能が低下すると、外部からの刺激によってコラーゲンが破壊されやすくなり弾力が衰えていきます。このようなことが影響して、顔のたるみを作り出してしまう原因となるのです。

筋肉を弛緩させる作用でシワを伸ばす「シンエイク」

シンエイクはスイスで研究開発された蛇毒成分です。この蛇毒成分は、肌を滑らかにしながら、深く刻まれたシワを伸ばす効果があります。

筋肉が収縮し、緊張することでシワができますが、シンエイクには、筋肉を収縮させる神経伝達を阻害する働きがあります。

これにより、筋肉が弛緩し、シワを伸ばすのです。このシンエイクを使用し続けることで、シワの予防にもつながります。

シンエイク配合のエッセンスや美容液も販売され、毎日塗るだけのケアでシワを予防解消できます。

従来、しわを伸ばすにはボトックス注射が最も有効であると言われていましたが、高額である上に一定の期間しか効果が続きません。

そのため、手軽にシワをケアしたい方にシンエイクはお勧めの成分です。

さまざまな肌トラブルに効果を発揮する「フラーレン」

フラーレンは、活性酸素を吸着する作用を持っており、抗酸化力はビタミンCの125倍と言われています。紫外線など外部からの刺激によるメラニン生成を抑制する効果、肌のバリア効果を高める効果を持ち合わせています。

フラーレン配合の化粧品は数多く販売されており、その多くは朝晩の2回塗るだけで効果が実感できるようになっています。

フラーレンは、水溶性と脂溶性のものに分かれており、商品によって配合されているタイプが異なります。一概にどちらが優れているとは言えないので、いくつかの商品の使用感や効果を試し、自分の肌に合っているものを選ぶと良いでしょう。

肌にハリとつやを与えるFGF

肌表面には線維芽細胞増殖因子であるFGFの受容体が存在します。これがFGFと結合すると線維芽細胞が活性化し、コラーゲンやエラスチンの産生を促します。

この繊維芽細胞が衰えるとシワやたるみが目立つようになるため、FGFを補うことをおすすめします。

化粧品に含まれているのは主にFGF-1で、肌の奥まで浸透し、シワやほうれい線、目の周りのくぼみ、ニキビ跡などを解消し、はだに潤いを与えます。

また、FGFはEGFと非常に相性が良いため、EGFも配合された化粧品を併用することで高い相乗効果を発揮します。

EGFはアミノ酸から構成された成分で肌のターンオーバーを活発にする働きを持っています。

他にもある!顔のたるみに有効な成分

コラーゲンやエラスチンの他にも、顔のたるみに効果的な成分はあります。有効成分の主な種類と特徴について見ていきましょう。

コラーゲンの生成を促進する成分

「コエンザイムQ10」や「ビタミンC誘導体」には、コラーゲンの生成を促す働きがあります。

身体の中に最も多く存在し、骨や皮膚を丈夫にしてくれる「Ⅰ型コラーゲン」や、臓器に含まれており組織に柔軟性を与えてくれる「Ⅲ型コラーゲン」を保護して、弾力のある柔らかな肌を作ってくれます。

さらに抗酸化物質も含まれているため、たるみの原因となる活性酸素を除去することができます。

化粧品に記載されるときは、コエンザイムQ10は「ユビキノン」、ビタミンC誘導体は「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル」などの名称で表示されています。

エラスチンの生成を促進する成分

真皮層に存在し、肌に弾力を与えてくれるエラスチン。その生成を促進してくれるのが、「エルゴチオネイン」や「ピクノジェノール」という成分です。

ピクノジェノールは、「フランスカイガンショウ樹皮エキス」とも呼ばれています。

エルゴチオネインは、エラスチンを分解する酵素の活性化を防いで守ってくれる働きがあり、ピクノジェノールはエラスチンを強化させる働きがあるため、相乗効果をもたらして肌の弾力やハリを保つことができるのです。

ヒアルロン酸の生成を促進する成分

ヒアルロン酸の生成を促進してくれる成分としては、「ヒアルフィクス」や「CyPA」などがあります。

ヒアルフィクスは「ナンキョウソウ葉エキス」、CyPAは「環状リゾフォスファチジン酸」などとも呼ばれており、化粧品にも記載されています。加齢と共に減少しやすいヒアルロン酸を保護することで、肌の弾力性をキープしてくれる働きがあります。

基底膜を保護する成分

肌の表皮と真皮の間に存在する基底膜を保護してくれるのが、「クロノライン」や「コラキシル」という成分です。

化粧品などには、クロノラインは「カプロオイルテトラペプチド-3」、コラキシルは「ヘキサペプチド-9」などと記載されています。

これらの成分によって基底膜が保護されることで、真皮層を形成しているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの成分を外部の刺激から守ることができます。

顔のたるみは紫外線の影響によってできやすいので、基底膜はその刺激から肌を守ってくれる重要な組織なのです。

毛細血管の働きを改善する成分

丈夫で美しい皮膚を作るのに重要な役割を担っているのが、毛細血管です。そんな毛細血管の働きを改善してくれる成分として「ビタミンE」や「ヘスペリジン」などがあります。

ビタミンEは「酢酸トコフェロール」、ヘスペリジンは「グルコシルヘスペリジン」とも呼ばれており、皮膚の血流を良くして代謝を高め、顔のたるみを防いでくれる効果があります。

リーズナブルなのにエイジング効果が期待できる幹細胞化粧品Best3はこちら

幹細胞化粧品おすすめBest3

No.1

JCウルティマセラミスト
(旧:プラズマ V セラミスト)

No.1 プラズマ V セラミスト

おすすめ度:星5つ

詳細はこちら

No.2

ピーチモモ
シャイニージェル

No.2 ピーチモモ シャイニージェル

おすすめ度:星4つ

詳細はこちら

No.3

アンプルール ラグジュ
アリー・デ・エイジ
リジュリューションα
プラス

No.3 アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ リジュリューションα プラス

おすすめ度:星4つ

詳細はこちら

顔のたるみの改善なるか?! ランキング1位の幹細胞コスメを使ってみた!

顔のたるみ度をセルフチェック

サイトマップ