【人気商品はコレ!】幹細胞化粧品おすすめランキング
【顔のたるみは改善する?】幹細胞化粧品体験レポート

優秀コスメで毎日のケア

近年は優れた成分が配合された化粧品が多数販売されており、このような化粧品を使用することで、顔のたるみを解消することができます。

顔のたるみには幹細胞の化粧品が有効ですが、その他にもおすすめの成分もあります。

こちらのページでは、その他、おすすめの成分、シンエイク、FGF、フラーレンの効果や使用方法についてまとめています。

筋肉を弛緩させる作用でシワを伸ばす「シンエイク」

シンエイクはスイスで研究開発された蛇毒成分です。この蛇毒成分は、肌を滑らかにしながら、深く刻まれたシワを伸ばす効果があります。

筋肉が収縮し、緊張することでシワができますが、シンエイクには、筋肉を収縮させる神経伝達を阻害する働きがあります。

これにより、筋肉が弛緩し、シワを伸ばすのです。このシンエイクを使用し続けることで、シワの予防にもつながります。

シンエイク配合のエッセンスや美容液も販売され、毎日塗るだけのケアでシワを予防解消できます。

従来、しわを伸ばすにはボトックス注射が最も有効であると言われていましたが、高額である上に一定の期間しか効果が続きません。

そのため、手軽にシワをケアしたい方にシンエイクはお勧めの成分です。

さまざまな肌トラブルに効果を発揮する「フラーレン」

フラーレンは、活性酸素を吸着する作用を持っており、抗酸化力はビタミンCの125倍と言われています。紫外線など外部からの刺激によるメラニン生成を抑制する効果、肌のバリア効果を高める効果を持ち合わせています。

フラーレン配合の化粧品は数多く販売されており、その多くは朝晩の2回塗るだけで効果が実感できるようになっています。

フラーレンは、水溶性と脂溶性のものに分かれており、商品によって配合されているタイプが異なります。一概にどちらが優れているとは言えないので、いくつかの商品の使用感や効果を試し、自分の肌に合っているものを選ぶと良いでしょう。

肌にハリとつやを与えるFGF

肌表面には線維芽細胞増殖因子であるFGFの受容体が存在します。これがFGFと結合すると線維芽細胞が活性化し、コラーゲンやエラスチンの産生を促します。

この繊維芽細胞が衰えるとシワやたるみが目立つようになるため、FGFを補うことをおすすめします。

化粧品に含まれているのは主にFGF-1で、肌の奥まで浸透し、シワやほうれい線、目の周りのくぼみ、ニキビ跡などを解消し、はだに潤いを与えます。

また、FGFはEGFと非常に相性が良いため、EGFも配合された化粧品を併用することで高い相乗効果を発揮します。

EGFはアミノ酸から構成された成分で肌のターンオーバーを活発にする働きを持っています。

リーズナブルなのにエイジング効果が期待できる幹細胞化粧品Best3はこちら