【人気商品はコレ!】幹細胞化粧品おすすめランキング
【顔のたるみは改善する?】幹細胞化粧品体験レポート

表情筋マッサージ・トレーニング

顔のたるみで悩まされている方向けに、おすすめの表情筋マッサージやツボについて紹介します。

舌を意識して動かすことで顔のたるみを改善

舌と顔の筋肉は繋がっており、舌を意識的に動かすことで、顔の筋肉も動く仕組みになっています。つまり、舌を動かすことでたるんだ顔を引き締めることが期待できます。

表情筋を鍛えるには、舌を動かすことと「あいうー」体操をおすすめします。

あごの下にある顎舌骨筋が舌を支えていますが、この筋肉は日常で使用する機会が少ないため、なかなか鍛える機会がありません。

この顎舌骨筋の力が弱くなると、頬を支えることができなくなり、たるみやほうれい線が発生してしまいます。

あいうー体操の手順を以下に紹介します。

まず、口を大きく開け、10秒間「あ」と言います。次に、口を思いっきり横に引き、「いー」と言います。そして、「うー」と10秒間言います。これら3つの動作を5セット行いましょう。

この時、口の周りの筋肉が動いていることを意識するようにしてください。

ベロ回しエクササイズのススメ

口を閉じ、舌を歯の表面に沿って回します。左回りに20回、次に、右回りに20回行います。これをワンセットとして、1日に3セット行うとよいでしょう。

べろ回しエクササイズを行うことで、口の周りの筋肉が鍛えられ、血行や新陳代謝も促進され、ほうれい線を目立たなくすることが期待できます。

また、舌を回すことで口周りの筋肉も刺激し、顎舌骨筋が鍛えられます。ここを鍛えることで、二重あごを解消する効果が期待できます。

その他、舌で上あごの歯茎を20秒間ほどおすというベロ押し体操も行うとより高い効果が期待できます。

目の下のたるみを取る方法

目の下のたるみを取るにはツボ押しマッサージをおすすめします。

目尻の斜め下あたりにある骨のくぼみに「救後(キュウゴ)」と、呼ばれるツボがあります。このツボを指の腹を使い、目尻方向にはじくようなイメージで押します。これを5回行います。

まぶたのたるみを解消するには、魚腰(ギョヨウ)というツボを押すことをおすすめします。眉の中央下に「魚腰」というツボがあります。このツボを、親指の腹で軽く押します。眉を押し上げるイメージで20回押します。

また、目尻から1センチ離れたくぼみにある、「瞳子りょう(ドウシリョウ)」というツボを押すのも良いでしょう。人差し指の腹で軽く押します。

リーズナブルなのにエイジング効果が期待できる幹細胞化粧品Best3はこちら